事故車のバイクの買取が出来るのか

バイクは二輪で走行するものになりますので、転倒をしやすい乗り物になります。少しの運転ミスによって、大事故につながることもありますし、大けがを負ってしまう事もあるのです。
一度事故を起こしてしまうと、再度バイクに乗るのを躊躇してしまうような事もあるでしょう。それならば、いったん手離してまた乗りたくなったときに購入すればいいのです。
しかし、事故車は買取をしてもらえるものなのでしょうか。事故車とは言っても、少し傷が入っただけのようなものから、大きな破損をしているようなものまであります。ですので、すべての事故車の買取価格が同じというわけではありません。
まずはどのくらいの金額で買取をしてもらえるのかを査定をしてもらうといいでしょう。他店では無理だと言われたバイクだったとしても、買取が可能になるようなお店もあります。
まずは査定をしてもらうようにし、どの位の金額になるかを確認してから実際に依頼をする業者を選ぶようにしましょう。

不要なバイクを買取してもらう時期

バイクの国内販売台数はここ数年40万台で推移しています。前年比で見てもほぼ100%でありバイク人気は相変わらず高いと言えます。
人気の理由は、16歳という早い年齢から取得できる免許で乗ることができ(排気量にもよりますが)、試験が比較的簡単であること、又取得後は渋滞なども関係なく、ちょっとした距離を走るのに利便性が高いことが人気を支えている要因かもしれません。
バイクを所有していると車と同じように税金がかかりますが、排気量によって変わることは一般的に知られています。数千円から十数万円という金額が毎年必要となります。
不要なバイクの買取 ただ、税金がかかる時期については、はっきり把握できていない人もいます。このため事情により買取業者に買い取ってもらう時期には注意が必要です。税金は4月1日時点で所有しているとかかってきます。
つまり買取を希望するときは3月31日までに乗り続けるかを最終判断する必要があります。因みに高値で買い取ってもらうには需要が伸びる時期に行うのが有効です。
ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなど長期の休み前は普段より買取価格が高くなる傾向があると言われています。

ページトップへ