引越し先にバイクを安く運送するには

引越し先にバイクを運送する方法として、自分で引越し先に運転して向かうことで、業者に依頼するよりも安く引っ越し先に運ぶことができますが、引越し先が遠方にあったり、複数台所有していると引越し業者や輸送業者に依頼する必要があります。
引越し業者の場合は、独自の輸送手段を持っている場合は、家財などの運送と一緒に手続きなどを済ませることができるので、荷造りなどで時間がない時に利用するのも手ですが、輸送業者に比べると割高になります。
輸送業者は独自の輸送手段を持っていて、引越し業者に比べると割安なので、引越し費用をできるだけ安くしたい場合など、利用することでバイクを引越しに運送するのにかかる費用を抑えることが可能です。
業者にバイクの引き渡す時に、車両に傷などがついていないか事前に確認することで、輸送中に傷がついた場合、交渉の材料にすることができますので、写真を撮る事でどのような傷が車両についたのかも特定することができます。

バイクの牽引にはご注意を

バイクの牽引にはご注意を バイクも牽引して走ることができます。
もちろん法律が定める方法に従わなければいけませんが、それに加えてかなりの勇気と細心の注意が必要になります。
 まず、牽引ロープの結束と、前の車両と後ろの車両との意思の疎通が必要です。
ロープは下手に結束すると後ろのバイクの舵が効かなくなります。
また、カーブや曲がり角で、「前は通過したから加速しよう」とし、後ろは今から差し掛かるから減速して車体を倒そうとし、という場合、意思の疎通が取れていないと後ろのバイクはかなりの確率で転倒します。
 また、走行の癖が前の人の運転に依存することになりますので、例えば峠道などでは、急に自分の実力以上の速度で走らなければならないことになります。
 見落としがちな注意点は、それぞれのバイクの性能の差です。
あまりに性能がかけ離れている場合は牽引以外の方法を考えた方がよいかもしれません。
ブレーキの性能が非常に高いスポーツ車で、ブレーキの弱い若干古いスクーターを牽引する場合は、余程ブレーキのかけ方に気を付けないと追突事故を起こしてしまう危険性があります。

ページトップへ