カスタムバイクを買取してもらう際の注意点。

愛車をカスタマイズするのはバイク乗りの楽しみの一つですが、いざ愛車を手放すとなった時にはどんなに格好良くて、お金をかけたカスタムマシンでも、有利に働くとは限りません。
というのも、好きなバイクのスタイルというのは人それぞれなので、販売店側としてもあまりにも個性の強すぎるマシンは扱いづらいということでしょう。
ですので、買取業界で人気が高いのは純正スタイルのバイクということになります。
一番ベーシックな形なら次のオーナーもカスタマイズし易いですし、販売店側も売りやすいので、綺麗な純正マシンには買取の際には高値がつくのです。
しかしカスタマイズされているマシンでも、外した純正部品を保管して持っている場合などは、カスタムパーツをそれぞれ査定して買取価格に上乗せしてもらえる場合もありますので、業者に確認してみると良いでしょう。
業者のなかには完成度の高いカスタムマシンには高い査定を出してくれる場合もありますので、いくつかの業者に見積もりを出してもらうというのも良い方法です。
愛車を手放すのですから、後悔のないようにしっかりと調べて納得のいく価格で買取してもらいましょう。

クーリングオフ制度で安心してバイク買取

クーリングオフ制度で安心してバイク買取 乗らなくなったバイクを効率よく処分するには買取業者を利用するのがおすすめです。
オークションに出品する人も増えていますが、出品作業が面倒な上に、落札者との間でトラブルが発生するおそれもあります。バイクは送料がネックになるため直接対面して手渡しになるケースが多いので、出品から商品の引渡しまでにストレスを感じることも多くなるでしょう。
今はネットで簡単に買取を申し込める業者が増えています。無料査定をしてもらって金額に納得してから買取を申し込むことができるので比較的安心して取引できるでしょう。
また、自宅で査定から引取まで行ってくれる業者も増えています。そのため、処分が大変だったバイクも現在はとても簡単に売却することが可能です。
ただし中には悪質な業者がいることも確かです。いつまでも居座って安値で強引に買い取られてしまったなどのトラブルが発生する可能性もあります。
こうした悪質な業者の被害に遭った場合はクーリングオフ制度が適用されます。8日以内に申請することで強引に買い取られてしまったバイクの返却を求めることができるので安心です。
しかし、事前に業者についてよく調べて、このようなトラブルを未然に防ぐよう心がけることも大切です。

ページトップへ