車を二台持たずに一台はバイクにする

家族が複数いると、車を複数台所有する方も多いです。
日常的によく使うのであれば、車を二台持っていても有効利用されているので問題ありませんが、使う機会が少ない場合は、無駄になります。
無駄というのはスペースの面でもそうですし、購入費、維持費、税金など、金銭面でも無駄になってしまいます。
かといって、一台だけにしていると、一人が使っているときにもう一人が使いたいときに使用できないというデメリットがあります。
そこでおすすめなのが、一台はバイクにするという選択です。
バイク自体は車に比べると購入費用や維持費も安く済みますし、税金や保険料も安くなります。
そして、スペースも車一台分が空くことになるため、余裕が生まれます。
もちろん、バイクに乗るためには免許が必要であるため、免許を持っていなければこの方法はとれません。
ただし、原付ならば普通乗用車の運転免許で運転することができるため、原付を選択するならば、バイクの免許を持っていなくても問題ありません。

バイク用LEDウインカーは非常に明るく安全対策になる

バイク用LEDウインカーは非常に明るく安全対策になる 車のウインカーに比べて、バイクのウインカーは小さい。
車体の大きさが違うのだから当たり前と言ってしまえばそれまでですが、小さいなりにも安全を考え、目立つ様に工夫されています。
けれども、昼間は見えにくいのが現状です。
小さくて見にくい。
見落とされてしまう可能性が高いバイクのウインカーにLEDを使用する事で、昼間でも良く見える様になれば、バイクのデザインや機能性を損なわずに安全性も上がるでしょう。
事故を減らす工夫や努力は、運転する人の義務です。
そして、それは開発する人達や製造する人達にとっても必要な事です。
より良い物を作り出し、安全に使用する為にはどうすれば良いか、という事から新しい物が生まれます。
LEDウインカーも、そんな観点から出来た物でしょう。
実際に信号や車のランプにも使われていて、その明るさや見やすさは実証されています。
小さなバイクのウインカーが明るく見易くなる事で、ウインカーに気付かずに起きてしまう事故を減らす事に繋がると思います。
たかがウインカーと思うかも知れない小さな部品ですが、その役割はとても大きく、安全対策にも大きく貢献してくれると思います。

ページトップへ